夏だ!エレキだ!

ベンチャーズ!

という事で、今年もやって来ました「フライヤー」
今年は9月2日福岡市民会館、だそうです。

福岡と言えば、若い頃はあちこちで演奏したものですが「福岡市民会館」は知りません。
どの辺りにあるんだろう?

それにしてもベンチャーズ、凄いですネ。

フライヤーに添えられていた文章を転記しますと
「ベンチャーズは、ご存じの事かと思いますが、1959年結成、1962年の初来日から、来日回数65回、公演回数2,500回を超え、すっかり夏の風物詩をして親しまれています。今年は、結成55年迎える記念のツアーです。

との事です。

一般の会社勤めの方の勤務年数、長くても42年程度、それが55年とは・・・。
凄いの一言です。ファンがいてこその音楽活動でしょうが、どうぞお体に気を付けて、ツアー頑張って下さい。

それにしてもいつの頃からか、九州内公演のフライヤーが毎年送られて来るようになりました。昔、ベンチャーズファンだったからかな?

ザ・ベンチャーズ ジャパンツアー2014 福岡公演

葛藤

さっき帰宅途中、いつもの片側通行の工事現場で停止していた。

前には紅葉マークを張ったお年寄りの軽トラが一台。
すると、前の軽トラのクラクションが「プー」と鳴った。

その後1台の対向車をやり過ごして、こちら側が発車となった。
棒振りの若い警備会社のお兄ちゃんが、その軽トラに何やら文句を言っていたが、軽トラはそのまま出発した。
その兄ちゃんは暫くの間、行き去る軽トラの後ろ姿にガン付けていた。

さて、この事象に於いて、僕はいろいろ考えた。

1.軽トラのお年寄りは、まだ前から車が来ている事に気付かず、棒振りのお兄ちゃんに「早く行かせろ」と、せかせてクラクションを鳴らしたのか?
もしくは、車中で何かしていて、たまたまクラクションに手が当たったのか?

2.いずれにしても、頭に来たお兄ちゃんは、大声でその軽トラに怒鳴り散らしていたが、その声は中に乗っているお年寄りに聞こえたのか?

3.行き去る軽トラにガン付けしていたが、果たして何の効果があったのか?

僕はいろいろ考察しながら、その軽トラの後ろについて行きながら、帰宅した。

たった一度のクラクションの「プー」・・・。

自分の仕事の全てが否定された、と思ったかも知れないお兄ちゃんにとっては、理由はともかく頭に来たんだろうな。

そこには計り知れない葛藤があったのかもしれない(笑)。

最近、僕は警察もののドラマの見すぎかもしれない・・・。

Webの利用

このBlog、はたして読んでくれている方はいるのだろうか?

実は仕事向けも含め「典三音工房HP」「このBlog」「Twitter」「facebook」と、結構いろいろやっています。

しかし、内容がつまらんからか、殆どアクセス無しといった感じですネ(笑)。まぁそれは良いのですが、出来れば「それらで仕事に繋げたい!」と言う思いはあります。

Webを使って上手く仕事をしている方も沢山いらっしゃるみたいですが、なにせ文才の無い僕ではどうにもなりません。デカい事も書けませんし・・・。

今年は、少しでも皆さんの興味が湧く様な記事を増やして、顧客の獲得に繋げて行こうと思っています。

結局そこかよ、って感じですが、「一期一会」の機会になればなぁ・・・。と思います。

8周年

「典三音工房」もこの連休で8周年を迎えました。

本当に月日の経つのは早いです。そんな8周年を迎え、自分の姿勢についてシビアに思いを綴ってみます!

まず、回転寿司のようなお店とレコーディング・スタジオ、お客様から見れば、殆ど同じ様なものだと思います。

何故なら、美味しければリピートする。近くて便利なら利用する。安いから利用する。そして最も重要なのは、次は他のお店も試してみたい!って事です。

一度使ってくれて、良い評価をして頂いたとしても、次使って頂ける保証はどこにもありません。僕がユーザーだったとしてもそうだと思います。他も気になりますから(笑)。

実際にその様なお客様、沢山いらっしゃいます。お客様は常にもっと良いモノを、もっと安く提供してくれる場を模索しています。

だからこそ新規の顧客獲得がとても重要です。しかし、僕はその能力が全くありません。完全に待ちの姿勢。

かと言って、お客さんを探して音楽愛好家の集う街のライブ会場などに頻繁に足を運ぶことは、家を空けるという事ですから、それもままなりません。

ホームページやBlogなどの効果もほんの気持ちの問題程度です。さぁ、困ったものです。おまけに音楽人口も限られた熊本市。同業者だって沢山いらっしゃいます。

こんな感じで、ほぼ「運」だけに支えられて、この8年を過ごしてきました。さて益々厳しくなって行くこの先どうしたものか・・・。

熊本で音楽やってる方々すべてに売り込みに行くか?それとも、もっと間口の広い東京の下請け業務をどんどんとって行くか?

何か考えて行かないと、自営業と言うのはとっても厳しいものです。今思えば会社や上司の不満ばっかりだった若かりし会社員時代、会社って組織、沢山の仕事を取って来る事自体が凄いのです!お店の外にまでお客様が並ぶお店、尊敬します!

そうです、仕事が取れるって事、お客様がいらっしゃる事自体が凄い事なんです。

もっと謙虚に、そしてもっと大胆に・・・。

変われるかな・・・?

8周年