マスタリング

CDのマスターを作る際に最後に行う作業「マスタリング」。これって本当に難しい・・・です。

なにより、スピーカーから聞いている音がどれだけマトモなのか、それすら分からないからです。聴いてて気持ちの良い音、慣れてしまった音、色々な状況が有るでしょうが、客観的にバランスの取れた音にしないといけません。

その上で、ハリや艶、奥行きや迫力のある音圧、等々、色んなものが要求されます。また何より大事なのが、どんな再生装置で聞いても、全体のバランスだけは崩れない事・・・。もう本当に難しすぎます。

そんなこんなで、色んな改善を試みてきました。部屋の狭さだけはどうにもならないのですが、スピーカの位置に始まり、定在波の削減、マスタリングの手法、プラグインソフトの追加、もうここ数年試行錯誤の連続でした。

本当なら専門のスタジオに外注したいマスタリング、しかし、そんな予算をお持ちのお客様は稀ですし、マスタリング、という工程すらご存じないお客様もいらっしゃいます。

でも、ここ数か月、色んな事が実を結んできたのか、何となくいい感じに仕上げる事が出来てきました。

専用のハードウェアの導入は数々のプラグインがどれだけの回り道だったかを教えてくれました。そんな訳でこれからは、マスタリングの依頼をもっと請けて行こうと思います。

また、圧縮フォーマットを正確に作るソフトウェアも導入しており、歪の少ないサウンドが期待できます。
専門のスタジオの様にはいかないと思いますが、興味を持ったお客様、どうぞ一度お試し下さい。

でも、全てはバランスの取れたミックスありきです。マスタリングはトリートメントでありマジックではございません・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です