典三音工房

レコーディングスタジオ・ドラム教室 典三音工房
861-3131 熊本県上益城郡御船町豊秋2753-79
TEL : 096-281-7517

ドラム教室
典三音工房 (のりぞうおとこうぼう)
ドラム・レッスンについて ・ ・ ・


- 初めにお読みください -

ドラムレッスンをご検討の皆様へ

「典三音工房」ではドラムの「マンツーマン・レッスン」を「フリー予約形式」で行っています。
レコーディング・スタジオ業務と兼用のため、日時を決めた月謝制は困難と考えたからです。

下記の「事前のご説明」にも書いてありますが「レッスンに継続して通える環境(無理せず時間が作れる、など)」これが確保できない方は継続は難しいと考えます。

具体的に「最低でも月に2回」はお越し頂ける方のみ「事前ご説明」のご連絡をご検討下さい。


「典三音工房」のドラムレッスン

小学生(3年生位~)から社会人の方まで、男女を問わず、幅広い生徒さんにドラムのマンツーマン・レッスンを行っています。

ドラムを習いたい、というきっかけは様々ですが、典三音工房ではまわりをびっくりさせるテクニックよりも、バンド・アンサンブルの中でしっかり役割を担えるドラマーになって欲しい、との思いを強く持っています。

レッスンに教則本は使いません、初心者の方の場合、最初はスティックの持ち方から始め、スネアドラムのみを使った基礎練習、その後、ドラムセットによる基本的なリズムを覚えて頂きます。
ある程度、リズムが叩けるようになったら、アンサンブルを実践して頂きます。と言っても大げさなものではなく、講師である私がベースやギターを弾いて一緒に演奏する、というものです。

ドラムの場合、マイナスワン・カラオケ等による正確無比な音に合わせて練習する事が、初心者の方には非常に難しく、人同士ならではのアバウトさ、そこからのグルーブの生まれ具合を是非味わって頂きたいからです。
ドラムと言う楽器は、単独でプレーする事は滅多になく、バンド・アンサンブルの土台となる場合がほとんどです。それだけに楽曲に対する適切でセンスのいいアプローチが必要になります。

「あなたのドラムは歌いやすい!」「あなたのドラムはセンスが良い!」そんなドラマーを目指す方は、是非レッスンを受けてみませんか?


「ドラムの音」を知りましょう

きっちりメンテナンスとチューニングを施されたドラムは、叩いてみると非常に心地良い音がします。
「典三音工房」では、この本来のドラムの音や、良い状態のヘッドやシンバルの叩き心地などを、最初から体感して頂きます。

ドラマーは据え付けのドラムを叩かなければいけない事が殆どです。「本来の鳴りをしているドラム」が持つダイナミクスや繊細さは初心者のうちから体感しておきましょう!


「事前のご説明」について

「典三音工房」では「体験レッスン」ではなく「事前ご説明」と称して約1時間の無料相談を行っております。
その説明を聞いてから、始めるかどうかを判断されて下さい。

生徒さんに望む事は「ドラムを叩きたいという気持ち」「レッスンに継続して通える環境(無理せず時間・費用が作れる)」この2つです。
お迷いの方は是非「事前ご相談」をお気軽にご利用下さい。


「レッスン形態」は以下の通りです。

すべてのレッスン
完全ご予約制(1週間前からご予約可能)
3,000円/55分 (00分開始)

レッスン終了後、スケジュール次第では、次回のご予約が可能な場合もあります。
詳しくは ドラムレッスンご利用規約(09/17/2018 更新) をご覧下さい。


「レッスン時間」について

(月~土曜)、昼の部、10:00開始~15:00開始 の6枠
(月~金曜)、夜の部、18:00開始~20:00開始 の3枠
(日曜・祝日)、終日お休み ・(土曜)、夜の部お休み

その他不定休あり。
時間内であっても、レコーディングのご予約が優先される場合がございます。


「村石雅行」氏からのメッセージ

 私が17歳の頃、最初にドラムの手解きを受けたのが、矢野典正氏です。
矢野さんのスピード感溢れるグルーヴと音色の素晴らしさに圧倒されたのを思い出します。
その後も弟のように可愛がって頂き、良いこと悪いことたくさん教わりました。
今の私があるのは間違いなく、少年時代に矢野さんとの出会いがあったからだと今でも信じています。
矢野典正氏のドラムレッスン、自信をもってお勧めします。

村石雅行


熊本のドラム教室、典三音工房

「典三音工房」は、おかげさまで2019年5月で13周年を迎えます!日頃のご愛顧有難うございます。

「典三音工房」は、ドラム初心者の方から、さらなる向上を目指す方々まで、生徒様の要求に寄り添いながら、誠意を持って対応させて頂いております。

「ドラムのマンツーマン・レッスン」をお考えの方は、是非お問い合わせ下さい。

 


Norizoh_OTO_Koubou Twitter Page

Norizoh's Blog